※コンビニ払いによる返金率が上がっている
サクラと呼ばれる出会う事が出来ない出会い系サイト、いわゆるサクラサイト商法に対して変化の波が押し寄せてきている。
多くの出会い系サイトが迷惑メールなどを媒介として集客を行い様々な決済方法で集金を行っているのは周知の事実である。

この「様々な決済方法」に変化が訪れている。
具体的に何が起こっているのか掘下げる

◆出会い系サイトの決済方法◆
1.銀行振込
2.クレジットカード
3.コンビニ支払い

現状ではこの3つがサクラサイト商法が使っている決済方法である。
このうち、クレジットカードとコンビニ支払いについては決済代行会社が集金代行をおこなっており、直接的なお金の取扱い先は悪質業者自体では無い。

銀行振込にいたっても昨今は決済代行会社が集金代行を行うケースが出てきており集金専門会社の存在が出会い系サイトに与えている影響の大きさを伺い知ることができる。

さてその上で今、
「決済代行会社で何が起こっているの?」
ズバリこういうことである。

【決済代行会社は善意の第三者であり、悪質業者とは異なる返金基準を持っている】

つまり、いくら業者が返金はしないと利用規約で突っ張っていても代行会社が、

「返金します!」

と言えば被害金が返金されるという事なのである。
いままでもクレジットカード決済についてはこうした流れがあったのでご存知の方も多いとは思うがこの流れが他の決済代行会社にも波及した事が今回のポイントである。
さらにもう1つ重要な事が、

【コンビニ支払いの集金代行会社がホールドというシステムを採用した】

今までコンビニ支払いは返金が難しいと言われ続けてきた。

「使用者責任」を主張し集金代行会社が返金に全く応じなかったためである。
出会い系サイトの決済方法でコンビニ決済は30%以上のシェアと言われ、泣き寝入りする被害者が多かったのが事実なのである。
そんなコンビニ決済に返金の流れが出てきてのだ。

決済代行会社が出会い系業者との関係に距離を置き始めてきたのである。
ホールドというシステムがその証拠である。
ホールドとは代行会社に被害者から返金要請があった場合、契約業者にその被害金額をそのまま支払わず代行会社が最終的な判断をするまで支払いを保留するというもの。
その上、返金要請が多く寄せられる業者に関しては不良契約社として契約の打ち切り、再契約の無効を行い始めたのである。

こうした流れは被害者にとって大変な追い風になる。
必ずしも順風満帆というわけでもなく返金達成までには一定以上のスキルが要求されることもハッキリしてきた。
だれしもが返金を要求すれば返金されると言うほど甘くは無く、やるべき事は数多くあり被害者側の完全勝利という話でもないのである。

それにしても、それにしてもである。
まずは返金が実質的に無理だと言われていたコンビニ決済に対して返金の可能性が出てきたことについて素直に喜ぶべきである。

現在、男女問わず多くのサクラサイト商法の被害者から毎日、相談を頂いている。
多くが返金について消極的であったり、ただ話を聞いてもらいたいという相談もあったが、今後は少し様子が変わってくるだろう。

それだけ、
「コンビニ決済での返金がある!」
という事は大きな変化なのである。


被害金が発生しても自己責任だと半ばあきらめている被害者の方や、お金がもらえると言われてそのまま引き返せずポイントを購入してしまっている方などはこの機会に業者との関係を断ち切るという事も視野に、真剣に返金問題に向き合ってみてはどうだろうか?
サクラサイト商法を使っているサイトを一覧としてまとめてみたので確認してもらいたい。
常に新しいサイトが登場しているため、おかしいと思ったら相談電話までご連絡願います。
手口をお聞かせいただければその場で悪質商法なのかを判別します。

公開日:
詐欺調査無料相談
ヤミ金被害者のあまりに凄惨な現実
コンビニ払いによる返金率が上がっている


ヤミ金に対峙する信頼できる事務所
■Duel(デュエル)パートナー法律事務所
ヤミ金業者の取立てを断固ストップ

■ウイズユー司法書士事務所
ヤミ金からの取り立てにすぐ対応いたします

■ジャパンネット法務事務所
違法な取り立てからあなたを守ります

■ウォーリア法務事務所
戦う!正義の司法書士

■弁護士法人Salute法律事務所
弁護士法人Salute法律事務所が選ばれる3つの安心

■エストリーガルオフィス
ヤミ金問題はご自身だけではなかなか解決できません!


ヤミ金・融資詐欺
競馬予想詐欺
出会い詐欺
社債詐欺・未公開株詐欺
パチンコ詐欺・パチスロ詐欺
ロト6予想詐欺
架空請求詐欺
詐欺のジャンル別一覧
詐欺返金 ジャンル別返金一覧
よくある質問