※ヤミ金問題解決の現実はあまりに悲惨
昨今、ヤミ金問題を引き受ける法務・法律事務所があまりにも少ないという現状がある。

債務整理が得意な事務所は数多く存在し広告も数多く目にするが、ヤミ金問題になると口が重たくなったり、予約が取れないという話を耳にする。
ヤミ金問題は金銭問題ではなく詐欺問題、隣人トラブルに近く、債務整理の論法は全く通じない。
安請け合いした事務所にお願いしてしまった結果、被害が悪化してしまったという話も相談で挙がってくる。
それだけヤミ金側も法律・法務事務所を見極める能力が長けてきているということで、これは大変に危惧すべき問題である。
生半かな事務所ではヤミ金に底を見破られてしまい、いいようにあしらわれていることが相談者の報告からも明らかになってきている。

さらに事務所に対して執拗なる嫌がらせ行為を行い事務員が辞めてしまったり、電話回線がパンクするまで電話されると言った事態にまで発展していると言われている。

残念ではあるが、こうした状況を受け多くの事務所が「ヤミ金問題は受けない」というスタンスを取り始めている。

・ヤミ金被害者の1人の報告を例に挙げてみる。

[対象者]
美羽(仮名)女性、兼業主婦、小学生の子供あり
[状況]
ヤミ金側に自分の勤め先、ご主人の勤め先、自宅、子供の年齢を伝えてしまった
[経緯]
子供の養育費の足しにするためにいくつかの消費者金融に融資依頼をするも断れてしまったため、インターネットで集客しているサイトに融資申込をした。

【主婦、無職でも融資可能】という見出しを見て、ココなら大丈夫だと思い融資申込をする。申込時に自分の勤務先と勤務先電話番号は必須では無かったため無記入とした。

折り返し電話がかかり、在籍確認をするからと言われ勤務先名と勤務先住所、勤務先電話番号を教えてしまう。

同時に緊急連絡先としてご主人の携帯電話番号、ご主人の勤務先も聞かれ疑いも無く教えてしまった。
その際、家族構成なども聞かれたが子供の存在と年齢だけだというので年齢までなら、とたいした違和感も感じずに教えてしまった。

「折り返し融資担当から連絡が入ります。」

と言われ一旦電話を切られ、程なく知らない電話番号がから着信があったので電話に出てみると、

タナカ:「先ほどあなたが申込をしたキャッシング会社の融資担当でタナカですが、今回仮審査が通ったので本格的に融資をするにあたり私から説明があります。」
と話はじめた。

タナカは

タナカ:「信用情報にブラックだと記載されているからどこもあなたに融資をしないのだ、自分たちはそうした人にも融資ができるように独自審査も行っている」

と話を進め、「まず信用情報を回復する作業として携帯端末を購入してもらいたい」と言ってきた。

さらにタナカは
タナカ:「重要なのは携帯電話をローンで購入したという実績であり、携帯端末自体は重要ではないが高値で買ってくれるところがあるからそこで引き取ってもらうとよい」

と一方的に買取業者の連絡先までも教えてきた。
早口で相手に押し切られそうになるも、何かがおかしいと感じ端末購入を断ったところ態度が急変、脅し口調でまくしたてるように話はじめた。

タナカ:「イタズラで申込をしたのか?
なら明確な営業妨害に当たるので会社に電話するしかないなぁ!」

と荒い口調で話をした後、電話一方的に切った。

数度にわたりタナカから電話がかかるものの怖くて無視し続け、1時間後に着信拒否設定を行った。


  その後、ヤミ金による嫌がらせ行為が始まった。


当日、会社宛てにタナカと個人名で電話が入る。たまたま本人不在だったため受け手が伝言をあずかった。 その間、自分の携帯電話には着信は掛かっていない。

1時間ほどしてまたタナカから会社宛てに電話がかかり伝言をお願いした件について再度聞かれるも、本人不在のため再度、伝言メモをあずかる。

1時間弱ほどしたところでまたタナカから電話。本人が会社にいたため電話に出ると、

タナカ:「なぜ電話に出ない?営業妨害をするならこちらにも覚悟があるからおぼえておけ!」

と怒鳴られ電話が切れる。
そのすぐ後に、タナカであると思われる人物から着信があり、他の人物が対応に入ったところ

タナカ:「○○キャッシングのタナカだが美羽(仮名)さんに貸した金が返ってこなくて困ってる。本人に電話しても全く出るそぶりが無く、仕方なく会社に電話している。おおごとにしたくないので上司とまず話をしたい」

と言ってきていると告げられ、取り次がないでほしいと伝える。

丁重に断って下さいとお願いすると、受け手は上司につながずにそのまま外出していると伝え電話を切る。

30分ほどしてまたもタナカから電話がかかり、別の人物が対応に入ったところ、いきなり怒鳴り散らした声で

タナカ:「上司はまだ外出ですかねぇ?別にそれならそれで構わないんですけど、美羽(仮名)の借金はオマエが払ってくれるんですかぁ??こっちはダレが払ってくれてもイッコーに構わないんですけド??」

と電話の受け手に対して怒鳴り散らす状態が確認されている最中、別の回線で着信した電話口でも同様に怒鳴り散らしている様が見受けられるようになってしまった。

すると、最初に対応に入っていた受け手が突然泣き出して電話対応ができない状態となり、社内全体に何が起こっているのかという気運が立ち込める。

さらに、着信が続き上司が電話口にでて対応に入ったが、事ある毎に上司の口から警察という言葉を聞き、社内に緊張が広がる。

結果、この日ヤミ金からの嫌がらせ電話はこの後も1時間ほど続き、電話がおさまってきた頃に上司から呼び出しをされるまでの記憶がショックのあまり曖昧であるとのこと。

上司:「相手はヤミ金だと言っているが本当か?
もしそうなら警察へ行くなりといった対応はしているのか?
また、ヤミ金がこっちに来ると言っているが本当なのか?」
上司:「なにがどうなっているのかは分からないが、いずれにせよ会社に迷惑をかけるようなことが今後も続く場合、進退についてある程度の覚悟も視野に入れてもらいたい。これ以上はかばう事はできない。」

翌日、この件について改めて上司から話があり有給消化をしてもらいたいと話をされその日は勤務せず退社させられる。

↓ 家で主人に話すか迷っているところへ子供の通う学校から電話が入り、先生が怪訝そうな声で、 先生:「本日、○○キャッシングのタナカさんと名乗られる方から電話があり、美羽(仮名)さんに貸したお金が返ってこない。本人にいくら電話しても着信拒否なのでラチがあかない。だから先生から連絡するように伝えてほしいと言われたのですが、このようなお話が学校に来るというのは少し・・・何かご事情があられるのでしょうか?」

明らかに借金をしたことに対して不快感がある声で言われているというのは記憶しているそうだが、その後泣き崩れてどのくらいの時間が経過したのかはやはり覚えていないそうである。

現実に戻ったのはご主人からの電話だったそうで、着信するといきなり大声で、

ご主人:「○○キャッシングってなんだよ?いきなり会社に電話がかかってきて嫁の借金をお前が払え!さもなくば毎日会社に電話するぞ?と言ってきたぞ。○○キャッシングってところで金借りてるのか?ここはヤミ金じゃないのか?」

ありのままを話そうにも、どこから話はじめればよいのかもわからず、声は嗚咽になっており同じ言葉を何度も繰り返してしまい、言いたいことを伝えられない状態になってしまったためご主人から帰るまでに話を整理しておくようにとたしなめられ電話を切られてしまった。

↓ 家族に内緒とはいえ物事がどのようになっているのか収拾がつかなく頭がぼーっとしている時に、仲の良い同僚からLINEで、他の社員が役員に対して「このままでは怖くて一緒に働けない、何とかしてもらいたい。そうでなければ会社として何か対策をする考えがあるのか教えてもらいたい」と直談判があったということを知る。

ご主人が帰宅して事情を説明すると、怒られはしたが家庭を立て直すことがまず大事だと励まされ、警察と近くの法律事務所に行くようなだめられ少し気持ちが落ち着く。

==ここで初めて、当サイトに相談が入る==
状況を伺い、お近くの弁護士事務所、司法書士事務所にこの件について相談をするべきであるとアドバイスをしたところ、ネットで検索して近くの事務所が債務整理を扱っているということがわかったので

美羽(仮名):「勇気を出して相談してきます」
と明るい返事が返ってきた。

しかし、その30分後に相談電話宛てに同名から電話が入る。
当初、丁寧に話を聞いていた先生がヤミ金の話を口にした後から急に態度が曇ってしまい、料金の話など一切なく、当面、新規を取れないほど忙しく申し訳ないが2ヵ月くらいしたらまた来てほしいと言われ帰されてしまった、この先誰に頼めばよいのでしょうか?と相談される。

ヤミ金問題は相手が動き出す前に、こちらが行動をおこすことが望ましく、対応はできるだけ早いにこしたことが無いという事案である。それを2ヵ月というのは現実的な話ではない。

大変に残念ながらその事務所がヤミ金問題を取扱わないという実質的な「お断り」をしてきたというのが妥当なところだろう。

相談電話をしているときに、同時に勤め先にはヤミ金から嫌がらせの電話がかかっていたようで、事ある毎に電話を一旦切り、少しして相談電話へ折返し連絡が入るのだが、その度に涙声になっていくのがわかるのは、相談電話に慣れているとはいえあまりにも忍びなかった。

その後も隣町の駅前にある法律事務所など何社かにお願いをしに行ったようだったが、どこも最初の事務所と同じく、異口同音で断られてしまったようである。

この間にも美羽(仮名)さんの会社には毎日嫌がらせ電話が鳴り続け、学校にも同様に電話が鳴り続けていたという事である。

これは過大表現などではなく、今年に入ってからこのような相談の数は増えており、ヤミ金問題を解決しようにも限られた選択肢すら無いという問題の悲惨さがうかがえる事実なのである。

そのような中、ボランティア団体のできることはあまりに小さくもどかしい。
私たちにはヤミ金と交渉する権利など認められておらず、直接的に何かを変えるような行動は一切認められていない。

いち早くヤミ金サイトを告知することが被害拡大を防ぐ唯一の行動表現であるとこの活動を続けているのだが、ヤミ金被害者が問題を解決するのにここまで苦労する現状は憂慮すべきである。

当サイトにはヤミ金問題を解決した方々からのアドバイスや記事投稿も多く寄せられている。

・問題解決までにどのような過程をたどったのか、
・どこの事務所を使ったのか、
・その時の事務所の対応は?
・最終的に問題はどうやって解決したか?

など本当に細かく報告していただけている。

多くの方々からの報告をまとめ、情報として公開することで何か変わるかもしれないとこのページを新設した。


人間対人間である以上、色々な思惑があり否定的な意見が出ることもあるとは思うが、少なくともここで紹介している事務所はどれも問題を先送りにするようなところではない。全ての事務所で無料相談をもうけているので自分の合うところを探してみるのもよいかと思う。
ヤミ金問題解決に信頼できる法律・法務事務所
公開日:
詐欺調査無料相談
ヤミ金被害者のあまりに凄惨な現実
コンビニ払いによる返金率が上がっている


ヤミ金に対峙する信頼できる事務所
■Duel(デュエル)パートナー法律事務所
ヤミ金業者の取立てを断固ストップ

■ウイズユー司法書士事務所
ヤミ金からの取り立てにすぐ対応いたします

■ジャパンネット法務事務所
違法な取り立てからあなたを守ります

■ウォーリア法務事務所
戦う!正義の司法書士

■弁護士法人Salute法律事務所
弁護士法人Salute法律事務所が選ばれる3つの安心

■エストリーガルオフィス
ヤミ金問題はご自身だけではなかなか解決できません!


ヤミ金・融資詐欺
競馬予想詐欺
出会い詐欺
社債詐欺・未公開株詐欺
パチンコ詐欺・パチスロ詐欺
ロト6予想詐欺
架空請求詐欺
詐欺のジャンル別一覧
詐欺返金 ジャンル別返金一覧
よくある質問